『蝶の森 剣(2巻)』通販おしらせ


※サムネイルをクリックすると拡大できます。

『蝶の森 剣』真木ヨシフミ A5/58p 800円
 匿名配送(+365円) https://mysfm.booth.pm/items/1037088
 スマートレター便(+180円※) https://mysfm.booth.pm/items/1037124

※スマートレター便をご利用の場合の個人情報の取扱いについて明記しております。必ずご確認ください。 https://mysfm4423.blogspot.com/2018/06/blog-post_9.html


---


以下、詳細


収録内容

 前回までのあらすじ、登場人物

 本編
  ・3話「ガートルードと輝く瞳」27p
  ・4話「まがいもの」23p

 おまけ
  ・漫画「大解説! 蝶の一族」1p
  ・「一族の系譜」、「勢力図」
  ・資料「図鑑の詩」
 
 あとがき(制作裏話、その他)

サンプルはこちらです。




あらすじ
“彼らの心臓には蝶が眠っている。
 かつて神の遣いだったときの名残として――”

 科学と文明の進歩により、人間たちは暗闇を切り開く力を手に入れた。
 大陸の果てにあるという「死の森」の吸血鬼伝説も、いまや忘れられかけたおとぎ話のひとつでしかない。
 主人公・シオンは、そんな時代に生を受けた吸血鬼一族の王子である。



第3話「ガートルードと輝く瞳」
 鉄道事故に巻き込まれ、家族の記憶を失った少女ガートルード。怪我の治療を終えた彼女が送られたのは、蝶の一族が所有する施設だった。
 「畑」の奇妙な生活に不安を感じるガートルードだったが、ある日アオイ家の息女シャーロンの眷属に選ばれてしまう。はたして彼女は森から脱出することができるのか――?



第4話「まがいもの」
 宗主交代のしらせを受け、色めき立つ蝶の一族。放逐の日から二十数年、ついに宗家の長子シオンが森へ召還されることになった。
 再会をまえに心を乱されたハギは、かつてシオンに忠節を誓った場所へと足を運ぶ。そこに突如現れる不気味な「人形」――彼はいったい何者なのか?
 そして、人形に連れられ向かった先でハギが目にした光景とは……。