読書録|雑感(2018年9・10月)

オハヨーゴザイマース! ヨシフミです!

すっかり秋ですね~。

去年はボヤボヤしてたら秋物のコートを着そびれてしまったので、今年こそは満足いくまで着るぞ!と思っています^^

---

さて、秋と言えば読書ですね!

「読書の秋」って最近あまり聞かないように思いますが(昔と比べてTV見なくなったからかも)、この頃は私も移動中に本を読むようにしています!

↓ちなみに数年前からつけたりつけなかったりしてるブクログです。レビュー書けよって感じですけどね。
https://booklog.jp/users/mysfm/




9月の最後の週から積読本にボチボチ手をつけ始めまして、

 有島武郎『小さき者へ・生れ出づる悩み』新潮社
 遠藤周作『白い人・黄色い人』新潮社
 ミラン・クンデラ『笑いと忘却の書』集英社

などを読了しました。

いずれも数年越しで積んでいたのですが「今読めてよかったなあ」と思うものばかりです。


じつは私、キリスト教・仏教を含むインド哲学・神道、さらに西洋近代の哲学思想について、ここら数年でちょこっっっっとだけ勉強したんです(趣味です)。


そのうえで改めて思うのですが、やはり知識があるのとないのとでは文学作品に対する理解もまた変わってきますね。

上に挙げた遠藤周作なんかは特にそうで、神学的命題の内面化について描かれた作品でもありますから(こう言うとざっくりしすぎですが)、そのあたりのことを知っていないと
「なんで登場人物はそう思うの?」って部分でちょっと置いてかれちゃうんですよね。


あと、けっこう前ですが浪人生時代にヘルマン・ヘッセを読んでいたく感銘を受けまして、『車輪の下』、『デミアン』、『シッダールタ』等(『デミアン』は違う翻訳を読むために いくつかの出版社のものを買ったりしました笑)

これらも著者の宗教的土台の上に紡がれている物語ですから、今読むとまた違った面白みを感じられるだろうなと思います。再読もどんどんしていきたいです。




まあ、とはいえそういった知識面については文章を追いながら調べたりして補える部分ですよね。

最近の読書ではやはりその……表現に対する感度が以前よりずっと高くなってきてるなァ
と実感します。

心の機微であるとか情緒がたどる筋道、あるいは自然や人間社会の景色が他人の言葉で再構築される様を目撃して、「ああ分かる分かる」と思えるのは快感にも近いというか。

その文脈に共感を覚えることができるのは、きっと自分のなかにもそれなりの経験が蓄積されてきていることの証拠なのだと思います。



『蝶の森』第2話でオイアメルが美について

「みんなと一緒に拍手をするとき
 俺もちゃんとこの世界の一員だって思える」

と語るシーンがあるんですけど、あれもつまりはそういうことなのかなァと思います。

<恥>!!!自分の作品を引用すな!!!<恥>
追記:すみません、アップしてる部分にこのセリフ入ってませんでした……。



我々は言語や身体を使って様々なコミュニケーションをとるわけですが、それはそもそも私たちが別個の人間であることを前提としているわけです。

我々の精神は身体に隔てられて融解することは叶いません。

しかし、だからこそ私たちは「共感」というものを尊ぶのではないだろうかと。


「誰かとの共通項」を見出す一種の非日常的体験によって、日常的な体験や思考がより喜ばしい意味をもって上書きされる……。

芸術にはそういう力があると思いますね。

※詳しいことは失念してしまったのですが
 スタジアムでのスポーツ観戦やライブ鑑賞にも
 そうした非日常的融解の感動がある という
 論説を読んだことがあります。誰のだっけ……。
 私の考え方もそれに影響を受けてます。確実に。



そうした「融解力」とでも言いますか、受け手としてさまざまな作品への理解が年々深まっていくことを非常に嬉しく思いますね。

融解は魂の癒しですよ(少なくとも私にとっては)。
歳をとるのも悪くはないと思います。




8~9月は『』の原稿があったのでずっとアウトプットが続く状態だったんですが、そこに今夏の相次ぐ災害やプライベートでいろいろ事件もあって、本当に参っていたな~という感じがしています。

今、その頃に書いた記事を読むと、とても悪い方向にセンシティブになっていたんだ~って分かりますもん。

当時もこのままじゃダメだなって分かってたんでメイン拠点をツイッターからブログに移したんですが、この場所でマイペースにいろいろできるようになったのはかなり良かったと思います。

今はTLを追う時間が減ったぶん、意識して「融解」するように心がけてるところですね。

自分が何かを発信しつづけるには外からも何かを取り込まないとリソースが枯渇するんだと分かったので……。

まあ、それも『剣』を本気で取り組まなかったら分からなかったことなので、今回病んだりしたのも結果的にはすごくよかったと思います(?)



最近はそんな感じですね! 元気です!

11月からまた皆さんに漫画読んでもらえるのが楽しみです^^

---

『羽』予告編 https://mysfm4423.blogspot.com/2018/10/blog-post_7.html
11月更新予定 https://mysfm4423.blogspot.com/2018/10/1811.html