雑記|はじめての入稿後記

こんにちは、ヨシフミです。

今年も来ました大型連休~!
私も先日脱稿したばっかりです。

生まれてはじめて同人誌制作にトライしましたが、けっこう考えることがいっぱいあって大変でした。

今日はその振り返りでもしようかと思います。

原稿のあとがきに入れたかったんですけど、ページ数を少しでも減らしてお安く渡せるようにしたかったので、ここに書きます(笑)

ほとんど反省文です。
内容の解説もしたいけど、今回はしません!



痛恨のミス

いきなりかよ……という感じですが……。

1話の用紙サイズを思いっきり間違えていて、2話を描きながら修正作業も同時進行でやってました。

なんかしらんけど同人誌制作のプロセスを根本のところで勘違いしていて、

 一般的には
  1.印刷所の決定
  2.原稿制作
  3.入稿

だと思うんですけど、私は2から始めました。


web公開→再録ってかたちが同人の普通のやり方だとなぜか思ってたし、漫画描きたかっただけで本出すつもりがそもそもなかったんですよね。

それでも普通は調べてから取りかかると思いますけど。ウケますね。


編集作業のなかでも、トーンの貼り直しは精神的にかなりきつかったです。

拡縮したらモアレが出るだろうということで、1話はまるまるやり直したんですが……うーん、虚無!

ただ、トーン削りやレイヤー管理など、2話分の原稿作りで上達した部分があるので、「全体に修正を入れたんだ!!!」と思えばまあ良いでしょう!前向き!

なので、web公開版と冊子版だと絵が違うところも多いですね。

……まだデータチェック中なので、不備があるかもしれないけど……。



少女漫画が描きたい

1,2話の原稿はどちらもコミスタで制作しました。

今さらコミスタ?!って思うでしょ。私も思ってますとも。
買ってから何年も放置してたんです。

機能が豊富すぎてチンプンカンプンだったのと、コマフォルダの扱いがマジでよく分からなくて…………。

ただやっぱり、アナログっぽいタッチで描けるのはいいですよね。
web公開だけが目的なら、クリスタPROでもSAIでも漫画自体は描けるじゃないですか。

でも「紙の漫画っぽさ」を目指すとなると、やっぱり私にとってはコミスタなんですよね
(個人の感想です)。

なので、『蝶の森』を描くぞ!と思った時に、絶対コミスタ使いこなしてやるぞとハラを決めました。


1話のあとがきでも書いたのですが私『ポーの一族』が本当に好きなんですよ。
だからファンタジーとかSF系の少女漫画チックなものがずーっと描きたくて。

グレスケじゃなくてトーンで作ろう!っていうのも、旧き良き紙の漫画の雰囲気が大好きだからなんです(それがのちのち悲劇を招くことになるのですが……)。

追記:後から調べたらクリスタはグレスケ作業からのトーン表示とかで切り替えできるらしいですね。

ツールに慣れるのホント大事

デジ絵を本格的に始めるまで、100均の安い紙にミリペンでガリガリ描いていました。
ミリペンの線ホントかわいいですよね。

私としてはにじみとかペン先のかすれも表現したいポイントのひとつで、1話では細いマジックツールを多用してました。

でも、見返したら「いまいち画に迫力ねーな」と思って、2話から主力ツールはつけペン系に。
最初は筆圧が難しかったけど、カスタマイズしてだいぶよくなりました。

ホント、いくら描いてもペン先つぶれないのいいよね。やり直しもきくし……。


問題のコマ分割も自分なりにやりやすい方法を見つけられたので、2話では1話より大胆に配置してみたつもりです。

本になった時の見映えも一応考慮はしているけど、どうでしょうね!


とまあそんな感じでいろいろ試行錯誤するなかで、つくづく、世の中の同人マンはすごいな、と痛感したわけです。

実際に原稿の形で作ってみて分かることってたくさんあって、デジタルデータの扱いにしろ、印刷の知識にしろ、必要とされるものいっぱいあるなって……。

オタクえらい!!!!

しかも、クリスタの方だと無料で公開されてるペンとか素材もいっぱいあるじゃないですか。なんで?……神様?

魅力的すぎますよねープラグインとか素材。
せっかくコミスタ慣れてきたのに、欲しすぎてクリスタProからEXにしちゃいましたもん。
※補足:クリスタはEXにアップグレードすると漫画が描きやすくなります

ははは!


……

……いままでの話なんだったの?

でも、これでたぶん作業効率上がると思います。サイコ~ですね。
よく「液タブにしても絵は上手くならない(練習量isパワー)」って言いますけど、私はPCモニター大きくしてコミスタ研究したら、以前より思い通りの絵が描けるようになりましたよ!
効率あがって量をこなせるようになるからでしょうね。

そういう意味でも、ツールはやっぱりある程度使いならしていくのがいいんだと思います。
クリスタに乗り換えたけど。ははは。


ソフト移行についても、何らかの振り返り記事を書こうかなーと思ってます。
お察しのとおりぐだぐだ文章を書くのが好きなので、ハウツーというより備忘録のかたちになりそうですが。

ありがたいことに私も、ツイッターで何度かペン設定についてご質問いただいたり、線を褒めていただくことがあり……心のなかではいつも「それはすべてセルシス様のおかげです」と思っているのですが……。


web公開への葛藤

さて、1話と2話は完成した漫画を当サイトおよびツイッターやpixivなどのSNSに公開しました。

さっきも言いましたけど、元々漫画が描きたかっただけなので、売上とかよりまずいろんな人に読んでいただきたかったんですよね。


ただ、本にするということでちょっと懸案事項も出てきたわけです。

 ・冊子で出した後もweb公開続ける?
 ・そんなにあちこちであげなくてよくない?


再録用原稿の制作にあたって画的な修正を入れたことは前述のとおりなんですが、無料で読めるものをお金だして買っていただくわけですからね。

自分としては、1話の終盤に盛大に風呂敷広げちゃったので、最後まで読んでほしいなって思うんですけど笑

一般的にはそのへんどうなんでしょうか?

まあ、web上の画像なんていくらでも保存できますから、先に公開して後から下げてもあんまり意味ないとは思うのですが……。


というわけで、今回はささやかながらおまけをつけさせていただきました。

これまでwebに載せておらず、また今後も載せる予定のない設定資料と、ちょっとした挿絵です。
楽しんでいただけたらいいなーと思います!


---

さて、長々と書いてまいりましたが、そろそろおしまいにします。

冊子版のご案内については、後日「通販のお知らせ」として別記事を用意する予定なのでそちらをお待ちください。

また、3話も鋭意制作中です!がんばるぞ~。


それではみなさん、愉快な休日をお過ごしください!さよなら!